おおした鍼灸院

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お腹の中の胎児の頭が下に来ないことを逆子といいます。医学的には「骨盤位」と呼ばれ、胎児の異常とみなされます。初期段階では子宮内を自由に動いているので珍しくありませんが、大きくなると問題が出てきます。大きくなった赤ちゃんは姿勢を安定させるために胎動で回転します。その結果頭が下に下がって「頭位」になります。28週を過ぎても頭が上を向いたままになっている状態は逆子と診断されます。通常、治療は体操を行いますがより効果の高い治療として「お灸」があります。実は昔からお灸による治療は行われてきました。特定のツボを刺激して温めることで赤ちゃんの胎動を促す効果をもたらします。骨盤内で動くために十分なスペースが生まれて改善できるわけです。逆子は珍しい現象ではありませんが、現在でもはっきりとした原因は不明です。一説ではお腹周りが冷えることで子宮筋が緊張するのが考えられています。体の冷えは、ストレスを受けても増大します。ストレスを感じて思い悩むと体温が頭のほうに上がっておなかが冷えてしまいます。お灸をして体の内側から温めると冷えを解消できます。リラクゼーション効果があるのでお母さんの自律神経のバランスを整えるでしょう。お母さん自身がストレスを感じず楽になると、それが赤ちゃんにも伝わるのです。東京の鍼灸院を探せば治療をしている所が見つかります。東京の鍼灸院では三陰交穴や至陰穴というツボを温めて治療していきます。至陰のツボは特に赤ちゃんの胎動を促すとされ、伝統的に行われている部位です。三陰交のツボは冷え性やむくみなど婦人系疾患に効くツボになります。血行を改善させ改善にも役に立つというわけなのです。東洋医学では「冷えは万病のもと」と言われるほど健康に影響を及ぼすとされています。妊娠中は何かとデリケートでおなかを冷やしてしまうと子宮筋が収縮してしまいます。東京の鍼灸院でも治療に加えて体を冷やさないようお母さんに指導しています。
【関連情報:逆子 鍼灸院 東京