誠友堂

日本刀・刀剣の販売なら、美術日本刀専門店・銀座誠友堂にご相談下さい。甲冑・鎧・鍔・刀装具・古武具類の販売、相続査定、委託販売も承っております。銀座店では日本刀200振以上と小道具多数、甲冑・鎧を展示、販売しております。東京メトロ銀座駅徒歩3分、JR有楽町駅徒歩6分です。

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

刀剣を買う方法は、主に2つあります。通販サイトなどで刀を買う事も可能ですが、販売店という方法もあります。多くの方々は、後者の販売店で刀を買っていますが、その主な理由は信頼感です。そもそも刀を保有する為には、証明書も必要です。登録状態を証明する書類がなければ、刀を持つ事は原則できません。WEBオークションなどで出品されている刀を検討する時は、その点は要注意です。というのもオークションですと、登録証などが特に無い状態で出品されている事があります。その刀を落札してしまいますと、法的な問題点が生じてしまう可能性もあるので、注意が必要です。その点お店の場合は、たいてい法的には問題ありません。きちんと免許や資格などを取得しているお店であれば、法的にも問題ない刀を買う事ができるからです。その点にメリットを感じて、販売店を通じて刀を買っている方は多いです。それと実物確認のメリットがあります。そもそも刀を持つ側としては、品物の状態などを確認したくなる事もあります。刀の輝きやデザインなどは、決して軽視できません。ところで通販サイトなどは、確かに画像などで大まかなデザインを確認する事はできます。オークションも同様です。しかし画像だけでは、情報不足になってしまうケースも多々あります。画像の解像度があまり良くない時などは、本来の状態が確認できないケースもありますから、注意が必要です。特に個人出品の品物ですと、必ずしも画像は鮮明であるとは限りません。画像がぼやけていると、刀の具体的な状況も確認できません。しかし販売店であれば、刀剣の実物を手に取って見てみる事ができる訳です。お店には色々な商品が陳列されていますから、来店客としてはデザインや輝きなどの細かい点も確認する事ができます。実物の状態を確実に確認できるのは、お店のメリットの1つです。ですから刀剣を買いたい時は、WEBの通販というより販売店がおすすめです。
【関連情報:刀剣 販売